ウキフカセ釣りグレ攻略道具の考え方前編

道具のこだわりが上達への近道。道具で釣りが決まると言っても過言ではない。仕掛け投入から、魚を掛けて釣り上げるまでの一連の動作をスムーズに行うためには、トータル的にバランスが整っていなければならない。

タックルバランスを今一度見直してみよう。

ウキフカセ釣りグレ攻略道具の考え方前編タックルバランス基本理論

堤防で30cmクラスのグレを狙うのに太号数の道具はほとんど必要ないし、離島の尾長狙いでは細号数の道具は使い物にはならない。

それをさらに細かく使い分けた(自分の釣り方に合った道具の選択)がタックルバランスである。

他人から押し付けられた道具や、尊敬する人が使用している道具をただ真似て使っても、それは最良のバランスとは限らない。

自分の力加減や動作、釣り方に合わせた選択が重要となってくる。100人いれば、100通りの(タックルバランス)が出来上がるというわけだ。

要点を挙げると・・・

  • 当日狙う魚の魚種・サイズに合わせた仕掛けの選択。
  • 疲労度が少なく集中力が持続でき、一日中使用できる道具の選択。
  • 自分の釣り方に合った道具と仕掛けの選択。
  • 釣り場の環境や自然条件に合わせた衣類・道具の選択。
  • 愛着がある道具

以上のことをきを付けて、タックルバランスをコーディネートすること心掛けよう。

ウキフカセ釣りグレ攻略道具の考え方前編バランスを取る順序

対象魚がグレならば、必然的に竿はグレ竿に決まる。

号数については、魚のサイズが数cm単位で変わるたびに竿の号数を使い分けている人はいないだろうし、持ち替えることが良策とはいえない。

それに、最初から小さなサイズを狙って釣行する人もほとんどいないだろう。だとすれば、目標とする魚のサイズに合わせたタックルを選択することになる。

竿の号数を選び、ハリスを決定する流れが一般的であるが、それでは魚のサイズに合わせたタックルバランスにはならない。

では、なにから道具を選択するのか。当日狙う魚種を決めたのであれば、ツケエとマキエを決定するはずである。そして、狙うタナに合わせた仕掛けを組み立てる。

これを順に道具を組み立ててみるとすると・・。

  1. 釣れるタナに合わせたマキエを選択して(釣法)を決定。
  2. 対象となる魚種とサイズ、使用するツケエに合わせたハリの種類と号数を決定。
  3. 魚のサイズに合わせたハリスの号数を決定。
  4. 自然条件・釣り場に合わせたウキの号数を選択。
  5. 魚のサイズに合わせた道糸の号数を決定。
  6. 全体のバランスを考慮した竿の号数の決定。


この順番を見ていると、仕掛けを組み立てる順序と逆の順序をたどっていることになる。

釣行前は魚をメインとして考えているが、いざ釣りを始めようと釣り場に着くと、使用する竿をメインに仕掛けを組み立てているのが現状です。

釣り場についても、対象魚とサイズを念頭に置き、タックルを組むようにすればアンバランスな仕掛けが組み上がることはないというわけですね。

ウキフカセ釣りグレ攻略道具の考え方前編ハリのバランス

グレバリとチヌバリの大きな違いは、軸の太さと長さであるが、同じハリでも号数が違えば強度も違うのはご存知であろうか。

大きな魚を大きなハリで狙うのは、掛かりを良くして飲み込まれないようにするためだが、ハリは大きくなるほど強度が落ちてしまう。

フトコロが広くハリのアールが大きいほど、魚が掛かった時に、ハリのアールの部分に力が掛かりやすく、伸ばされたり折れたりしやすくなる。

同じ太さであれば、アールが小さいハリの方が強度面だけで言えば強いことになる。つまり、簡単に言えば小バリほど魚の食い込みがよく、掛かったときの強度面で安心度は高くなると言うことです。

しかし、小バリは飲み込まれやすい上に、大きなハリに比べて掛かりが悪いという欠点がる。いくら食い込ませてもハリが掛からなければ意味がないものなる。では、どういう順序でハリの形状を選択すれば良いのか要点を挙げると・・・・。

  • 食いが悪い時は小バリにして食いを優先させる。
  • 食いが良い時はフトコロが広めのハリを選択し、掛かりを優先させる。
  • 使用するツケエの種類で、エサ持ちが良い形状のハリを選択する。

次に、ハリの重さについても重要視しなければならない。

もちろん、ツケエ(ハリ)が仕掛けの中で先行して流れていることが前提となるが、全遊動や全層釣りなど、比較的7に軽い仕掛けを使用する場合、ハリの重量が大きく影響してくる。

特に0号以下のウキを使用する場合、太軸で重いハリを使用しただけで、仕掛けが入るスピードが変わってくる。

ガン玉で仕掛けが入るスピードを調節するよりも、より自然に仕掛けを流すためにもハリの重量で調節した方が、アタリが出やすく魚の食いこみも悪くならない。

ハリを決定する条件は、ハリの形状と重量を念頭に置いて決めるようにする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代男性!!最近は、劇場版シティーハンターにはまり、1から観直しています。古いアニメでもシティーハンターは楽しめました!! コードギアス、少女戦記も好きです