ウキフカセ釣りグレ攻略ツケエの(落とし込み方)前編

ウキフカセ釣りで釣果を得るために最も大切ことは、本命のいるポイントにツケエを届けることである。ここでは、その効率的なやり方を紹介していきます。

ここでは・・・。

  • 道糸の処理は難しくない
  • 自然を味方につける工夫を

について詳しく文章にしています。

ウキフカセ釣りグレ攻略ツケエの(落とし込み方)道糸の処理は難しくない

仕掛けを流していく場合、基本的には、竿先を潮上側に構えて、道糸を出来るだけ潮上方向から真っすぐに張ってやるようにすれば、仕掛けの馴染みはスムーズになる。

しかし、この際充分に注意しなければならないのは風や波、潮の速さなどの自然条件だ。ときとして、それらは潮の流れと異なった方向の力として仕掛けに大きく作用し、仕掛けを潮筋から外してしまう。

様々な自然条件に応じて、道糸を上手くコントロールしなければ、結果的に、ツケエををポイントまで運んでやることが出来ない。

(ラインコントロール)というと、高等技術であるかのように感じてしまいがちだが、その基本的な考え方は実はそれほど難しいものではなく、簡単に言ってしまえば、(仕掛けを自然に流すために、仕掛けに作用する潮の流れとは異なった方向の力を可能な限り軽減してやること)に他ならない。

たとえば潮の流れと風の向きとが逆方向の場合は、道糸が風に吹かれて仕掛けが潮上方向に引っ張られないようにさえ注意すればよいわけだから、基本的には、仕掛けを投げると同時に竿先を水面近くに下げてやり、風に吹かれる道糸の部分をできるだけ少なくしてやれば、問題はかなりの部分で解消される。

そして、多少重めの仕掛けならば、そのままの状態にしておけばタナは、だいたい取れてくれるし、もし、軽めの仕掛けでタナが取りにくいようであれば、風の合間を見計らいながら、道糸を少しずつウキの脇に置いてやるような感じで出せば比較的簡単にタナはとれていくはずだ。

問題なのは、潮の流れと風の向きが同方向の場合だ。もちろんこのような条件のときでも、そんなに風が強くなければ、むしろ仕掛けはポイントに入れやすいのだが、厄介なのは、風が強い場合で、道糸はウキよりも潮下側に大きく膨らんでしまう。

すると、道糸が潮の流れに対して逆の張りとなってしまうために、仕掛けは思うように馴染んでくれなくなる。

このようなときには、仕掛けを投げると同時に竿先をできるだけ風上側に返してやり、竿先は水面近くまで下げて構えるようにする。そして、道糸が潮下側に少しでも膨らんでしまったなら、風の合間を見ながら、道糸を数回に分けて小刻みに潮上側に打ち返してやるようにする。

ウキフカセ釣りグレ攻略ツケエの(落とし込み方)自然を味方につける工夫を

仕掛けを落とし込む際のコツとしては、まず、道糸を必要以上に張り過ぎないこと。軽い仕掛けでは道糸を必要以上に張り過ぎてしまうと、どうしても仕掛けが浮き気味になり、仕掛けが潮筋からドンドン外れてしまうからだ。

軽い仕掛けを使う場合には、仕掛けを使う場合には、仕掛け投入後に道糸を送って少し遊動させて水面下の仕掛けを潮に絡ませてから、仕掛けを徐々に張っていくようにしてやった方が良いだろう。ただし、この際、道糸を少し送るといっても、送り過ぎて道糸がフケると、仕掛けにたいして悪影響を及ぼすことは言うまでもない。

また、風が強いと道糸が大きく干渉されて、仕掛けを多少いじろうとも、なかなか仕掛けがうまく入っていかないことがよくある。

こんなときはサラシのエッジ等を利用して道糸をうまく送り込んでやると、仕掛けの馴染みがよくなることも多い。

逆に、ベタ凪で湖のようなときも、なにかしらの要因によってできるわずかな波の上下動を見つけて、それを利用して道糸を送り込んでやると、うまく仕掛けは遊動していく。

このように、仕掛けを落とし込む際には、自然条件を味方につけ、うまくそれを利用してやることが何よりも大事なのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代男性!!最近は、劇場版シティーハンターにはまり、1から観直しています。古いアニメでもシティーハンターは楽しめました!! コードギアス、少女戦記も好きです