ウキフカセ釣りの4大分類

釣法=釣り方=仕掛けであり、どの釣法を使用して釣るかは釣り人次第。その選択を誤れば釣れない結果となる。それぞれの特性を知り、使いわけよう。

ウキフカセ釣りの釣法とは!?

釣法とは、魚を釣る為の手引きみたいなもので、一つの釣法で全ての条件下に通用するものではない。釣法=仕掛けであり、テクニックよりも前に、まず仕掛けを選ぶ目を養わなければならない。

選択する条件は以下の順序です。

①対象魚の遊泳層(狙うタナ)

メインに狙う魚はどのタナを泳いでいるか!?例えばチヌの場合、底付近を狙うのが一般的なので、移動仕掛けや半遊動仕掛けや半遊導仕掛けが適している。

②釣り場の水深

水深が5mにも満たな釣り場では、竿の長さ分にも満たない。こういう場所では固定仕掛けか半遊動仕掛けで狙う。

③潮流の速度

潮が速く流れる場所で、軽い仕掛けを使用すると当然のことながらアッという間に流されてしまう。対象魚がツケエを食いやすい速度に抑える必要がある

④仕掛けの重さ

使用するツケエに合わせたウキの浮力調整や、沈下速度に合わせて仕掛けの重さを決定する。もちろん、マキエに同調させる場合も重要。

以上の4項目は最低限の知識であり、仕掛けの選択を決めるのに重要な要素となる。

⑤自然条件

自然条件による考えられる影響

  • 食い渋り
  • 食うタナが深い
  • すぐにツケエを離す
  • エサ盗りが多いなどの対処法
  • ウネリ
  • サラシ
  • 潮の流れ
  • 風の影響

などの自然条件に対する対処法があり、それぞれの釣法はその一つ一つの悪条件を克服する為に編み出されたものである。

釣法のまとめ

つまり(○○釣法だから釣れた)ではなく、それはその時の条件にマッチした釣り方だったから釣れたのである。一つの釣法にこだわらず、様々な釣り方をマスターすることで、ウキフカセ釣りは成り立っていることになる。

しかし、マキエとツケエの同調を最も重視する考えは、どの釣法でも一致している。それは、魚が居る層を釣るのではなく、マキエを使って魚を寄せて釣る(ウキフカセ釣り)の原点だといえる。

思い通りに魚を釣るためには、自分に合った釣り方を見つけ、より多くの情報を分析する(余裕)を持たなければならない。

訳も分からず、あくせく釣るよりも、引き出しを多く持つようにして、あらゆる条件でも打つ手がなくならないように各仕掛けの長所と短所を理解しておこう。

ウキフカセ釣りの釣法タナに合わせた4大仕掛け

固定仕掛け

ウキを道糸へ固定する方法。小さな軽いウキも使えるので感度が良く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代男性!!最近は、劇場版シティーハンターにはまり、1から観直しています。古いアニメでもシティーハンターは楽しめました!! コードギアス、少女戦記も好きです