堤防釣り場において場所の選択基準

堤防!!ただただ長く、変化も何も無いようになるけど・・・。

実際は、底には色々な変化が有り、また、底の形状の変化により、意外と潮は複雑で、魚の集まる所は限られている!!

そこに気づき、より餌の溜まりやすい場所を狙うことで、より効率的に標的を釣ることが出来ます。

しっかり海を観察することで、見えてくることが多いです。
小さな変化も捉えて好釣果に繋げましょう!!

堤防にはいろいろな複雑な潮流が流れている

L字になっていたり、スリットや、敷石がつんでいたり、とさまざま、また、堤防がくの字で少し曲がっていたりといろいろなところに変化があります。

防波堤は釣り場では、どこも一緒と思われている方は大いに考えを変えた方が無難です。防波堤釣り場にも必ずポイントが存在します。

それは底の障害物の存在と魚の回遊ルートです。

そこに潮の流れが加わればおのずと魚が集まる場所や通り道ができるのです。

もちろん狙うべき釣り場は、魚の通り道と集まる場所。ようは、餌を撒けば流れて、同じとこと集まる場所を探しだせばいいのです。

1  防波堤でいつも同じ場所で釣りをしてる常連がいたら、そこは、過去に常連が釣った経験がある可能性がある。

そういう場所は必ず底や潮に変化がある所が多いです

常連は、そこが一番釣れると思って入ってることが多いですが、番ではありませんがいいポイントが多いです空いているなら積極的に入ってもいいと思います。(空いていればですが)

2 堤防では船の出入りが多い場合は、先端部より少し中に入ったところ

堤防の先端部は、潮通しも良く、魚の出入りが多いと良いイメージが多いが実は初心者にとっては潮も複雑で難しく、また船の出入りがあると魚は嫌がってそこには近づくことはありません。

そして少し堤防の中に入ると、うってかわって潮はゆったりとして、潮の流れも複雑ではないので、浮きを使用したり、撒き餌釣りをするなら、よほどのことがない限り先端部は避けたほうが無難です。

ルアーマンは別です。こぞって先端部で広く探っていきましょう。(手数勝負でルアーを投げまくれ

3 堤防に変化のある所

カーブや堤防が段差になってるところも潮の流れが変化していて魚も寄りやすいです。こういったところは、潮がよれ易く以外と餌が溜まりやすいです。


基本湾奥に在ることが多いので空いていることが多々あるので、積極的に行きましょう。


沈みテトラとかテトラ際もいいです。変化も魚の家もあるし見た目でもわかりやすいポイントの一つです。

4  排水溝などで流れがあるところ

流れ込みのあるところは、プランクトンが良く排出しているのでベイトがより易く、排水溝の中は大きな魚の隠れ蓑として利用していることがあるので狙ってみる価値ありです。

外な大物が居たり、群れで活動していることがあるので、思わぬ好釣果にあうことも。

5 良く釣り人が釣りをしているところ。

これも単純な理由です。釣り人集まる所に餌が集まり、魚もその餌に群がるので、集まりやすいです。

ただし、横の釣り人との勝負になってきます。

下手をすれば、上手な方がいたら、根こそぎ捕られることが多々あるので、初心者には、おすすめしません。

中級者以上で他者と競争したい方は、ここで一人勝ちをするとかなり優越感に浸ることができると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代男性!!最近は、劇場版シティーハンターにはまり、1から観直しています。古いアニメでもシティーハンターは楽しめました!! コードギアス、少女戦記も好きです